toggle
2017-11-30

中医不妊症の勉強会に参加しました

「高齢不妊の対応と卵子の活性化」というテーマで京都足立病院の中山 貴弘先生にご講演いただきました。
心身ストレス、酸化ストレス、糖化ストレスなどが、卵巣機能や生殖機能の低下の原因となりうるそうです。
また、運動などにより筋量を維持することが糖化ストレス予防につながり、妊娠にも良い影響を与えます。
心身ストレスにもよいので、
「くよくよしたらまず歩く!」
漢方薬の服用とともに睡眠、運動など生活習慣にも配慮することの大切さをあらためて実感しました。

関連記事